女性に相手を気遣う言葉をかける男心理と女性側の心得

スポンサーリンク

男性は女性よりも考えが行動に直結する傾向が強く、恋愛においては行動から心理状況を読み取り易いと考えられます。

 

こうした男心理の基礎を理解した上で意識したいのが、女性に対する相手を気遣う言葉をかけて来る場合です。

 

特に体調を気遣うような言葉が頻繁に出て来る場合、はっきりとした心理的サインが出ていると言えます。

 

男性の場合、基本的に無関心な相手に対しては相手を気遣う言葉は無いどころか、目を合わそうともしないケースすら見られます。

 

翻って気遣いを明確に感じる場合、男心理としては相手に対して興味を抱いている事はほぼ間違い無いと言えます。

 

そして相手を気遣う言葉が出る背景には、好きな女性を守りたい・サポートしたいという本能的な男心理があります。

 

ここから導き出される事は、相手を気遣う言葉が女性に対して出て来るのはいわゆる脈アリのサインだという事です。

 

スポンサーリンク

そこで実際に相手を気遣う言葉をかけて来た男性とより仲良くなりたいという場合、男心理のウラを読んで活用しない手はありません。

 

基本的にはまず何らかの返事をするべきですが、無理に体調不良を装ったりする必要はありません。

 

ですがあまり素っ気無い態度を取ると男性側の戸惑いの原因となりますから、感謝の気持ちを込めたような言葉をかけておくのが無難と言えます。

 

そして実際に困った状況にあったりするケースでは、明らかな迷惑で無い程度に好意に甘えておくと、優越感を得たい側面がある男心理も満たせて一石二鳥と言えます。

 

逆にそれまではあった筈の相手を気遣う言葉が出て来なくなった場合には、男心理から見て興味が薄れつつあるサインとも言えます。

 

この場合に特に接し方を変えたりする必要は無く、それによってまた興味が復活して来る可能性も考えられます。

 

あまり深追いすると拒否感を抱き易い男心理があるので、関係が無くなる可能性も視野には入れつつもそっと男性側の出方を見守る事が大切です。

 

スポンサーリンク