好き避け女性の接し方について

スポンサーリンク

自分が好きな女性が好き避けしてくるときはどのように接し、アプローチしてけばいいのでしょうか。
好き避けしてくる女性は恋愛に対して受け身の姿勢が強いと考えられます。
好きなのにまるで相手にしてみれば嫌われてもしかたがない行動に出ます。
それは自分のことを意識してほしい、気がついてほしいという相手に委ねたものです。
好きでも恥ずかしくて素直に気持ちをだせないひとが好き避け行動にでます。
好きだけどアプローチできないならわからないようにすれば相手も困らずにすむのですが、あえて嫌っているかのような行為をおこなって相手の気を引いているのですね。
好き避けしている人はそうじゃないというかもしれませんが、好きという気持ちを持っているのはその本人にしかわからないのです。

スポンサーリンク

なので度がすぎれば好き避けと言う行為は自己中心的なものと言われてもしょうがないのです。
そうはいっても好き避けされている男性がその女性を好きならば、男性側は接し方を考えなければいけません。
まず相手の女性が好き避けなのか嫌い避けなのか見極める必要があります。
嫌い避けというのはその言葉どおり嫌いなので相手にたいして当たり障りのない態度をとったりそっけない行動をとること。
好き避けとは違います。
この嫌い避けと好き避けの見極め方は難しいですが、話しているときの視線やふたりきりになると態度がかわるのか、自分がほかの女性と話をしたときの態度、またこちらからなにか頼みごとをしたときの反応でわかります。
自分のことを好きで避けているとわかったら、まずは周りの目の気にならないところで告白してみるといいでしょう。
好き避けしてしまう人は周りに好きだという気持ちを知られたくない人が多いのでふたりきりで気持ちを聞いてみるといいでしょう。
傷つくのが怖いからという女性が好き避けしてしまうので、一気に距離を縮めるのではなくある程度時間をかけたほうがいいですね。

スポンサーリンク