避けるのに顔が赤くなる男性心理って〜女性向け

スポンサーリンク

自分のことを避けるのによく見ると顔を赤くしている男性。
この男性は自分に好意があるのかどうかわからないそんなことありませんか。
好き避けという行為は男性でも女性でもしてしまう人はいます。
個人的には少し女性が多いかなって感じです。
男性の場合好意のある女性に対して好き避けをしてしまう人はあまり女性に慣れていないひとが多いのではないでしょうか。
女性にどう接していいのかわからず、自分の気持ちをどう表現していいのかわからず、テンパッて避けてしまうという行動に出てしまうのです。
またシャイや照れ屋な人にも好き避けをしてしまうという傾向があります。
顔は赤くなってしまうのは何らかの感情の起伏でドキドキして顔に血液が集まってしまうことで起こります。
興味ない人に対してはなんの感情も怒らないのが普通です。
避けるのにあなたに対してなんらかの感情があるから顔に現れてしまうといえますね。
もうひとつは人と接するのが苦手で赤面しているケースも考えられます。

スポンサーリンク

好き避けというのは本来やっている当人が気がついて自分で克服する必要があります。
好かれているほうがなんとかできるものではないのです。
とはいってもそこで突き放してしまっては恋愛は進まないのも確か。
女性側も好意があるなら、そこは冷たく突き放すのではなく、相手が少しでも話しやすい雰囲気を作ってあげるのも一つの手です。
もしくは私の事嫌いなんですかとズバッと聞いてみて反応を見るのも1つの手段ですね。
顔が赤くなる人はドキドキしているからというだけでなく、人と接するのが苦手という場合で起きることもあります。
相手が自分のことを変に思われてないかと意識すればするほどドツボにはまりどんどん赤面してしまうという状態です。
この場合好意があるかどうかはわかりません。
あなたのことを好きで赤面しているのか、人と接するのが苦手で赤面しているのかそれだけでその男性心理を見極めるのは難しいです。
人前でなにかする時はいつも赤面していることが多いなら好意だけでない場合があるからです。
しばらく彼の様子をみて好意があるのかどうかを判断したほうがいいでしょう。

スポンサーリンク