男の片思い、彼女にアプローチするのにやってはいけないこと

スポンサーリンク

好きな女の子がいるけどまだ思いを伝えていない。そんな片思いの状態の時ってつらいですよね。
なんとか自分の気持ちを伝えたいと考えている男性も多いのではないでしょうか。
そんな男性の片思い中の時やってはいけないNG行動や裏目に出てしまう失敗について紹介していきます。
片思い中は相手が自分のことをどう思っているだろうということが気になって焦ってしまうことがあります。
ほかの誰かにとられる前にと焦ってしまうのは当然の心理ですが、それがしつこいと女性に感じられてしまうと逆効果です。
メールやLINEでしつこくメッセージを送ったり、いつもじと〜っと見ていたら彼女のほうがこのひとイヤって思ってしまうこともあります。
せっかく一生懸命思いを伝えようとしても逆効果になってしまいます。
まず好き、という気持ちを伝える時は自分のことばかり考えず相手のことを思いやる気持ちが大事です。
自分の気持ちばかり押し付けてはダメということです。

スポンサーリンク

これは好きなのに避けてしまうという行為にもつながっています。
自分は好きだけど避けてしまうという行為は相手にとっては??な行動ですし、また感じの悪いもの。
相手のことを考えるならやはり好き避けという行動は自分勝手な行為といえます。
もしメールやLINEなどでまずアプローチをしていこうと思っていたら適度な間隔をおいて行うことが大事です。
相手に負担がないようにしてあげることがポイントです。
そして仲良くなってきたなと思ったらもっと踏み込んだアプローチをしてみるといいでしょう。
まだ会話もしたことない、メールアドレスやLINEは知らないという人だったら、挨拶をして自分を知ってもらうことが大切ですね。
知らない人からいきなり好意をぶつけられても女性は怖がってしまうかもしれません。
またいきなり告白しても「あなたのこと知りませんけど」という状態になる可能性もあります。
自分のことを認識してもらうことからはじめましょう。

スポンサーリンク